bike: 2006年4月アーカイブ

いや、思うことはたくさんあったんですがね・・・・・
なんせ年度末で忙しくて(汗)

さて・・・・なにから書こう?


少し前にちょっと(かなり?)気になったお話から。

とあるドカ乗りの方のお話。
なんでもサイレンサーを交換したらうまくエンジンがかからなくなったと。
しかも真冬。

てゆーか、よくある話なんじゃ・・・・・と思ってしまった。
うちのSSだって去年の12月くらいに一気に寒くなってからは同じようにエンジンかからなくて(苦笑)
色々と試してみた結果・・・・アイドリング付近をマテシス(ドカ専用の整備用コンピューターと書けばよいか?)で燃料濃くしてもらってなんとか・・・・かかり易くなった。
(それでも外気温が低い日はなかなかお目覚めにならないのである)

国産の鱸やら本田やら山羽やらみたいにいつでも簡単にエンジンがかかるバイクではない。
>ドゥカティや各外車(いやイタリア車が特にだけどw)
確かにスピードトリプルなんてオートチョークまでついてて冬場にエンジンかからんなんてことは皆無だったけどね。

バイクが人間に合わせてくれるよーな、軟弱なヤツラではないのである。
「お前が俺に合わせろよ!」といわんばかり(笑)てゆーか、それが普通だと思うんだが。

高い金払って買うのにバイクのご機嫌を伺いながら乗らなければならないのだ(笑)
なんて高飛車なバイクだ・・・・・

話がずれたが・・・・その人はサイレンサーだけ交換したそうである。
排気効率があがれば当然吸気側も変えてやらんとダメだろうし・・・・
もっと言えばしっかり燃調とってやんないととってもデリケートなんだけど。
いじるなら、トータルにいじらないとダメだとおもうけどな。
ノーマルのコンピューターなんて所詮ノーマルである。
制御範囲なんてしれてるし。

ドカってカッコだけで乗るバイクじゃないと思うんだよなあ・・・・・
そのバイクがどんなバイクなのかをしっかり理解しないととんでもない目にあうのだ。
良く言われるのが・・・・・
「ドカって曲がらないよね」
とか
「乗りにくいでしょ」
とか

ちゃんと曲がるよ?コーナーでちゃんとセルフステアあてて、身体ちゃんと入れてる?
乗りにくいって・・・・低速でジャダー(ガタガタの振動)が出るから?
1速落として回転数あげてみ?ちゃんとスムーズに走るよ?
逆に燃調しっかり取ったがためにそのバイクはぐずったそうである。

いくら整備して調子よくて渡しても、同じ症状で帰ってくるそうな。
当然、整備後に試乗もちゃんとしてるのにね。

で、ここで気がついた・・・・
もしかしてアクセル開けてないんじゃね?
あ、これって「開けないと走らないじゃん」て突っ込みのレベルじゃないよ。
ドカって2気筒の癖に回転数あげてやんないとぐずるのだ。
純正のプラグを真っ黒にかぶらせる人もおおい。
開けられないからってプラグの番手を落としたりする人もおるそうな。
街中走るのに5速とか6速に入れようって思うのがなあ・・・・
4000rpm目安にまわしてやんないとぐずるエンジンなのになあ・・・・
(400も大型も含めて同じ)

ま、このあたりは自分でやんないとわかんないことなので・・・・・
 
 
どんな状態でも気軽に乗れてトラブルの少ないバイクをドカに求めてはいけないし、バイクの特性に合わせて乗ってやらないといけない。


 
と思うんだけどなあ・・・・・・それが味なんだし。

あ、批判のコメントはいりませんので・・・・(笑)

BlogPet

Powered by Movable Type 4.1

links....

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2006年4月以降に書かれたブログ記事のうちbikeカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはbike: 2005年12月です。

次のアーカイブはbike: 2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。