murmur(つぶやき)の最近のブログ記事

またまた長いこと放置モードな訳で・・・・・

いやあ。。。。まいったね。。。。

何から書こうか考え中(爆)


movabletypeも携帯から投稿できるんだったかなあ・・・・

レースから1週間。

参加した人、観戦した人からのBlogがUPされていましたので、勝手にリンク。

承諾とってませんので、もし不快な方が居られたら削除しますのでご連絡ください。

 

CYCLIST FAN 

http://d.hatena.ne.jp/cyclistfan/20080606

選手の後ろの方に見切れて写ってる写真発見(笑)

検索しまくってみたけど、ここの写真だけみたい・・・・

 

takk3.com 別府 匠選手のBlog

 

Skil Shimano 栗村 修さんのBlog

http://blog.osamukurimura.jp/blog/2008/06/elite_00d8.html

 

コグことは楽しい 高島 真希子さんのBlog http://www.cog.bz/report/08all_japan_road/index.html

 

★シャカリキ★ 自転車って楽しい~ by HINOサイクル yosiさんのBlog

http://ameblo.jp/hino505508/entry-10102351963.html

CycleStyle.net
 
 
キナンmuur-king.comレースレポート
 
 
選手の役に立ってたとは思えないのがちっと無念・・・・
 

1、Blog記事にコメントが付けられなかったので・・・・コメントできるようにしてみました。

2、Gallaryを新たに追加。過去のGallaryも気が向いたら順次移行の予定

(但し予定は未定・・・・)

 

Movable Type 4.1-ja

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前のブログ更新から1年数ヶ月(爆)

バージョンもあげて、ホームページ自体のリニューアル敢行。

 

はじめたのはいいが・・・・・

 

 

出来上がるのか?(滝汗)

いや、思うことはたくさんあったんですがね・・・・・
なんせ年度末で忙しくて(汗)

さて・・・・なにから書こう?


少し前にちょっと(かなり?)気になったお話から。

とあるドカ乗りの方のお話。
なんでもサイレンサーを交換したらうまくエンジンがかからなくなったと。
しかも真冬。

てゆーか、よくある話なんじゃ・・・・・と思ってしまった。
うちのSSだって去年の12月くらいに一気に寒くなってからは同じようにエンジンかからなくて(苦笑)
色々と試してみた結果・・・・アイドリング付近をマテシス(ドカ専用の整備用コンピューターと書けばよいか?)で燃料濃くしてもらってなんとか・・・・かかり易くなった。
(それでも外気温が低い日はなかなかお目覚めにならないのである)

国産の鱸やら本田やら山羽やらみたいにいつでも簡単にエンジンがかかるバイクではない。
>ドゥカティや各外車(いやイタリア車が特にだけどw)
確かにスピードトリプルなんてオートチョークまでついてて冬場にエンジンかからんなんてことは皆無だったけどね。

バイクが人間に合わせてくれるよーな、軟弱なヤツラではないのである。
「お前が俺に合わせろよ!」といわんばかり(笑)てゆーか、それが普通だと思うんだが。

高い金払って買うのにバイクのご機嫌を伺いながら乗らなければならないのだ(笑)
なんて高飛車なバイクだ・・・・・

話がずれたが・・・・その人はサイレンサーだけ交換したそうである。
排気効率があがれば当然吸気側も変えてやらんとダメだろうし・・・・
もっと言えばしっかり燃調とってやんないととってもデリケートなんだけど。
いじるなら、トータルにいじらないとダメだとおもうけどな。
ノーマルのコンピューターなんて所詮ノーマルである。
制御範囲なんてしれてるし。

ドカってカッコだけで乗るバイクじゃないと思うんだよなあ・・・・・
そのバイクがどんなバイクなのかをしっかり理解しないととんでもない目にあうのだ。
良く言われるのが・・・・・
「ドカって曲がらないよね」
とか
「乗りにくいでしょ」
とか

ちゃんと曲がるよ?コーナーでちゃんとセルフステアあてて、身体ちゃんと入れてる?
乗りにくいって・・・・低速でジャダー(ガタガタの振動)が出るから?
1速落として回転数あげてみ?ちゃんとスムーズに走るよ?
逆に燃調しっかり取ったがためにそのバイクはぐずったそうである。

いくら整備して調子よくて渡しても、同じ症状で帰ってくるそうな。
当然、整備後に試乗もちゃんとしてるのにね。

で、ここで気がついた・・・・
もしかしてアクセル開けてないんじゃね?
あ、これって「開けないと走らないじゃん」て突っ込みのレベルじゃないよ。
ドカって2気筒の癖に回転数あげてやんないとぐずるのだ。
純正のプラグを真っ黒にかぶらせる人もおおい。
開けられないからってプラグの番手を落としたりする人もおるそうな。
街中走るのに5速とか6速に入れようって思うのがなあ・・・・
4000rpm目安にまわしてやんないとぐずるエンジンなのになあ・・・・
(400も大型も含めて同じ)

ま、このあたりは自分でやんないとわかんないことなので・・・・・
 
 
どんな状態でも気軽に乗れてトラブルの少ないバイクをドカに求めてはいけないし、バイクの特性に合わせて乗ってやらないといけない。


 
と思うんだけどなあ・・・・・・それが味なんだし。

あ、批判のコメントはいりませんので・・・・(笑)

このあいだ、アルファのことを調べた時に載せたクアドリフォリオ

普通に四葉のクローバー。まあ、これはレースで勝てなかった時代のアルファの車体に貼ったらそれから連勝を続けたということに由来しているらしい。

で、こっちは時々見かけると思うけれど・・・・

これは、日本国内だけのマークだとおもうけれど・・・
肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマーク。
基本的にこのマークをつけた車に幅寄せや割り込みを行った場合には道路交通法の規定により罰せられることになります。

色が違うからまあ・・・・混同されることはないだろうけれど・・・・
免許に条件ないけど、ある意味俺も肢体不自由だよなあ(汗)

車運転して・・・歩き始めるとどっちかの膝が痛くてビッコ引いてるし・・・
左腕でハンドルを持ちつづけるのがとってもつらひ。

( ゜o゜)ハッ アルファは左手でウィンカーだ・・・・(滝汗)
 
 
とりあえず・・・・クアドリフォリオをどっかに貼っておこう・・・・(間違えてくれる人がいるかもしれん・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...)
てゆーか・・・・
あおったり幅寄せしたり割り込んだりしないでくれ・・・

色々とアルファのことを教えてくれるドリーさん。
ある意味マニアだが・・・・車なのでエンスーであろう(笑)

んで・・・・話をしていたときのこと。
「156って昔のアルファのイメージで作ってるんですよ」と
ほほー。で、なんなんです?
「一般的にはジュリアって言われていますがたぶんこっちでしょう」
と教えてくれたのは、ALFAROMEO 1750GTV。

ぱっとみて、ピンとくるのはすでにアルフィスタな方であろうと思われますが(笑)
内外のライトが段違いでグリルのセンターにシルバーのライン。
ALFAROMEO156のフロント周りはというと・・・・

ほらね?なんか似てません?>現代風だけど

で、これが1750GTVのリアショット。

テールランプの内側が上の方がさらに内側に入ってる(という表現でいいのか?)

こっちも同じような形状。

さっきの前からの写真だけじゃわかりにくいんだけど、メーター周りも実は似ている。

スピードメーターとタコメーターが砲弾型のカバーに収まっていてこれまた156がそっくり。

さらにその横に3連メーターがついてる。これも156にあるとおり。

いやあ・・・・なんかすこしすげえなあと思ってしまった・・・・

A.L.F.A.
Societa Anonima Lom-barda Fabbrica Automobili
和訳:ロンバルディア自動車製造株式会社

これが1910年に出来た現在のALFAROMEOの基盤になった会社なんだそうで。

会社的には経営が安定してなかったらしいけれど、1915年にニコラ・ロメオ氏が株式を買い受けてはじめて 「ALFAROMEO」となった。

エンブレム 

元々は少年を喰わえた大蛇と十字を組み合わせたミラノ市の紋章さらにALFA MILANOの文字を組み合わせたもの。
12世紀以来ミラノの支配者であったビスコンティ家の紋章に由来してるんだってさあ。。。
A.L.F.Aのエンブレムはミラノの誇りなんだそうな。


さらに1915年にROMEO氏の名前がエンブレムに加わりアルファロメオとなる。


現在は、下側に入っていたMILANOの文字はなくなってるけどね。

クアドリフォリオ

四葉のクローバー。アルファを象徴する存在みたいですが・・・・
このマークは創業者達が夢を託して刻み込んだ、幸運のお守りなんだそうです。
ま、普通に四葉のクローバーだよな(笑)

現在のALFAROMEO
途中おもいっきりすっ飛ばしだけど(笑)
1929年に起きたニューヨークの株式大暴落から経営がやはり悪化し・・・1933年にはIRI(産業復興公団)の管理下になり、国営企業として存続し続けた後、1980年にさらに経営が悪化。日産との提携に失敗、FIATの傘下にはいり、現在に至る。

てーことなんだそうな・・・・・ 知ってるようで知らないこと多いなあ・・・・

気が向いたらまた調べて書いてみることにしよう。

試乗。

| | コメント(1) | トラックバック(0)

アルファ156、全く乗らずに形だけで買うのもどーよ?と思ったので・・・・
試乗ができるか聞いてみたら、セダンでよければできるとのこと。

ボディいっしょなんだからなんでもええな・・・・と思ったので・・・・載せてもらうことにした。

V6 2500ccっていい音だなあ・・・・
アルファロメオの4速オートマってちょっと変わってる。
日本の車のようにドライブに入れてほっとけば勝手に変速はしてくれるんだけど・・・・・
手動モードがあるので、それも試してみたかった。

まずはオートマでスタート。
ウィンカーを・・・・ってワイパー動いてるし(汗)
かーなり前にオペルやメルセデスの運転させてもらったことがあるけど・・・・
反対になってんの忘れてた(汗)

で・・・・・少し飛ばしてみたかったので、有料道路を走ってみる。
すげー、スムーズだあ・・・・・追い越し加速も無問題。

やっべ・・・マジで欲しくなった・・・・

エンジンルーム見てもなんだかわくわくするV6が鎮座してるし・・・・
ナビの取り付けに困るという話だったけど、現物みたらそうでもなさそうだし。
本体取り付ける場所もメドついたしね。

あとは希望に沿った車輌が出てくるかどうか・・・・
ま、気長に待ちましょ・・・・

色々調べていて判ったこと・・・・・

1、オーディオを入れられるスペースが1DINしかない(年式によっては灰皿部分を改造してオーディオ入れられる)らしい
2、ドリンクホルダーがないらしい。

うーむ、仕事で使うこともあるからナビないとなあ・・・・・
モニタと分離型の奴でもモニターの取付け位置に困るらしい。

むむ・・・・まあ・・・このあたりは自作でなんとかするしかないな・・・・とか思うのであった。
最後の手段は、モニタ別のナビ買って来てモニター取付けを加工すれば良し。と納得。
ドリンクホルダーは、サイドブレーキのところに差し込むタイプのがあるらしいから、最悪それを買ってこよう。
車輌をみてから作れそうなら作ってもいいし(笑)
てか、ドリンクホルダーがないとは・・・・アルファロメオ恐るべし。

3、マフラーを替えるとフェラーリちっくな音になったりランボルギーニちっくな音になったりする
むむ、このあたりはなかなか・・・・難しいな。
とりあえず薦めてもらったのは・・・・・OverRacing(バイクのサイレンサーでも有名)とUNICORSE
でも、音はユニコルセの方がいいらしいです・・……(-。-) ボソッ

たかッ(爆)

4、燃費
狙ってる2.5リッターのV6エンジン、ネットで色々調べてたらユーザー評価のページを発見。一生懸命読んでみた(笑)

と・・・・・街乗りで5~6km/リッター。高速で10~12km/リッターってとこらしい。

うーむ、今のレジアスとあまり変わらない燃費か・・・・でもハイオク>アルファ
早くガソリンの値段下がらないかな(爆)


こんなもんかなあ?
一回試乗してみるかなあ・・・・・

BlogPet

Powered by Movable Type 4.1

links....

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちmurmur(つぶやき)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはcameraです。

次のカテゴリはお好み焼きです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。