藁をもつかむ・・・・・

| | コメント(8) | トラックバック(0)

今年はホントに悪いことが多すぎ。
事故るわ仕事がうまくいかんわ・・・・・

なんか、去年と逆転。

バイクの納車に行った時にお祓いはしてもらったけど・・・・仕事の方は相変わらず下降気味。

 
なんかないかなあ・・・・と色々探してみた。
と、その中に・・・・・
「ピアスホールを開けると運が変わる」というのを発見。
ただし、それについては「良くなる」「悪くなる」など色々。
ま、要は気の持ちようってことだろうけれど。

いいかもしれん・・……(-。-) ボソッ

んでも、男なんで・・・両耳はちょっとなあ・・・どっちか片方だと「同性愛者」というサインらしいし(汗)

つことで・・・・ネットで検索開始。
最近良くいろんなことを調べに行くのはWikipediaというWEB百科事典。ここで「ピアス」と検索すると・・・・

「古くは刺青と同様、邪悪なものから身を守る魔除けとして用いられていたが、時代を経るにしたがってファッション性の意味合いが強くなってきている。」
とある。
魔除なのか・・・・___φ( ̄^ ̄ ) メモ

あと、これも都市伝説らしいのだが・・・・
---wikipedia イヤリングの項から引用---
男性がイヤリングをどちらの耳につけているかにより、性的嗜好をほのめかしているという話がある。右耳にイヤリングをつけていると、同性愛者であり、左耳につけていると異性愛者であるというものである。
---wikipedia イヤリングの項から引用---
左にしたらノーマルなのか ___φ( ̄^ ̄ ) メモ
これについては・・・・・
どうやら宝石屋さんのHPらしいんだがピアスは「愛のアイテム」という一文をまた見つけた
「ピアスが愛のアイテムと言われる元になった逸話があります。戦場に送られる兵士たち、愛しあうふたりは、どちらからともなくピアスを贈りあったそうです。ピアスはふたつでワンペア。片方ずつを持ち、また元通りのワンペアに戻れますようにという願いを込めたアミュレット(護符/お守り)でした。この時に、男性は左耳に、女性は右耳につけたことから、ピアスの意味として男性の右耳ピアスはおかま、女性の左耳ピアスはおなべ、などといわれるようになりました。」
そういう理由だったのか・・・・(笑)

ちなみに日本ピアスシステム(JPS)のHPには
「昔の船乗りがピアスをしていたのは、遠くをよく見る必要があったからとも言われています。」と記述がある。
でも、目のツボの位置って、すんげえ内側なんだよな(苦笑)


ちなみに昔から良く聞いていた「耳たぶから白い糸」についても記述があった(笑)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 藁をもつかむ・・・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.manamana10.com/mt/mt-tb.cgi/79

コメント(8)

いいよぉ@ピアス♪
あの、、、あける瞬間の感触がですね(エ? ナニカ??
↑8個してた人ですσ( ̄∇ ̄;)@アレルギーで断念したけど。
それでも気が向いたら、たまに開けますよw

男の人だと、左に1~2個だけ。
↑って人が多いですねぇ@お客さんとかを見ると。
で。拡張して
ピアスというよりボディピアスクラスの
太いのをしてる人が多いような。

ここは、あえて右、、、(エ?

バカモノ>総長
おりゃ-ノーマルだ!

左に3つ、右に2つ穴が開いてますが何か?
昔は広げてたけど、耳がこまいせいか4Gが限界だったw

まなまなさんてピアスしてなかったっけ?
なんかしてるイメージがあるんですけど。。。

ピアスしてません・・・>ミニ
というか・・・・

「してなかったっけ?」という意見を各方面から多数頂くんですが・・・

みんなそんなイメージ持ってるのか・・・

うんw
すっごいピアスしてるイメージがある。
むしろ銀の輪っかピアスを見た気さえするんですけど(笑)

ここは開き直って・・・・

ああ、そうさ、前からついてたさ(爆)>ミニ

おなべが来ましたよ~(笑)
(ノ_・、)シクシク

ぎゃはははは>まなみ
左にだけピアスしてんだな・・・

コメントする

links....

2009年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、まなまなが2005年11月13日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっほう(BlogPet)」です。

次のブログ記事は「とりあえず・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。